トップバナー
   
あいてらす通信  Vol.63 2019年5月18日令和元年  

普通のことをしただけ。従業員のおかげです。一生仕事をします

 
1.はじめに  
   

 上記は4月27日(土)に行われた「後藤康文会長第47回医療功労賞受賞祝賀会」で、後藤康文先生(岩手県宮古市後藤泌尿器科皮膚科医院院長・宮古市日中友好協会会長)が、謝辞として述べられた言葉です。先生のスピーチは、ユーモアあり、感謝あり、平成天皇皇后両陛下への畏敬の念に溢れ、会場(浄土ヶ浜パークホテル)を埋め尽くした250人すべての人を感動と笑いでいっぱいにしてくれました。

 開会に先立って上映された『灯り続けた街の明かり』(水元泰嗣監督作)は、東日本大震災の記録映画です。かつて、岩手日報の記事を始めテレビ各局でも報道されたドキュメント『74歳院長「津波が来たら後藤医院へ!」住民救った防災ビル』を想起させる内容で、当時の記憶を風化させてはならないとの想いを全員が共有した40分間でした。日本のみならず世界の人々にとっても他人事ではない自然の脅威と命のはかなさ、便利さよりも安心・安全を優先すべきことを改めて学びました。
 人の命を守る医療といえどもお医者さんも経営者であり、普通ではそこまで利益にならないものや建物に投資をする、まして100年に一度来るかどうかわからない震度7の地震に耐えられる設計を優先するなど、なかなかできることではありません。後藤先生の英断に驚き感動しました。その結果、多くの透析患者さんや地域の住民を救った事実に、今更ながら深い尊敬と感謝の気持ちを思い起こした一日でした。

 来賓のお一人、岩手医科大学祖父江学長のお話では、矢巾町に9月21日にオープン予定の医科歯科薬科の大学建設において、後藤医院の、丈夫な建物と屋上に非常用電源と大量の水を確保する建築をお手本にして、着工直前で設計を変更されたそうです。見えないもの、お金にならないことにも当たり前のように資金を投じる後藤先生や岩手医科大学の姿勢に敬服致しました。岩手県民として大きな誇りであり、その「利他の精神」に学んでいきたいと思います。

 後藤先生は、平成から令和に変わった記念すべき年に厚生労働大臣表彰も同時に受けられました。その時のことを「畏れ多くもかしこくも、平成天皇皇后両陛下の御前でお言葉をいただき、表彰を受けた栄誉」と丁寧な言葉で話され、“天皇という存在は日本人にとって計り知れないくらい大きい”ことを私も実感しました。また、ご来賓として出席されていた山本正徳宮古市長は、天皇皇后両陛下の御前で後藤先生とご一緒の時に、「三陸の復興について慎んでご報告にお伺いさせていただきました」と大胆にも発言され、先生はその大物ぶりに大いに驚かれたそうです。まさに岩手が自慢の市長さんですね(笑)。

 
   
2.言葉からの学び  

 

 「言葉の誦句(しょうく)」 (中村 天風/1876~1968 思想家・ 身心統一法創始者・ ヨーガ行者)

 私は今後かりそめにも、我が舌に悪を語らせまい。否、一々我が言葉に注意しよう。
同時に今後、私は最早自分の境遇や仕事を、消極的な言葉や悲観的な言葉で、
批判するような言葉は使うまい。  
終始、楽観と歓喜と、輝く希望と溌剌たる勇気と、平和に満ちた言葉でのみ活きよう。
そして、宇宙霊の有する無限の力を、わが生命に受け入れて、  
その無限の力で自分の人生を建設しよう。

 4月1日に新元号を発表した菅義偉官房長官は「令和おじさん」として有名になりました。国民の80%が好意的に受け止めているとの報道もありましたが、一部の人から「命令の“令”はいかがなものか」というコメントがあったことに正直違和感を覚えました。  言霊(ことだま)の考え方で言えば、「ノー」と言うことは否定や反対の言葉を発することで、自ら運を遠ざけます。多様な意見を尊重することに留意しつつも、何事も敬愛の念をもって受け止めるという基本姿勢を忘れずに、「太初に言あり。言は神と偕(とも)にあり。言は神なりき」(ヨハネ伝福音書)の精神を大切にしていきたいと思っています。

 

 

好きな言葉自分を変え、やり方を変え、リズムを変える
(サンクス・エクスプレス伊五澤会長の信条)

座右の銘 「自ら機会を創り出し 機会によって自らを変えよ」       (リクルート社訓)
 
   
3.今月、気に入った言葉(㈱田清・清次郎グループ時代の仲間、渡部哲也さん/㈱アップル代表取締役  に教えて戴いた教え)  

 

「逆説の十カ条」(ケント・M・キース/1949~ アメリカの行政官僚・ 講演家)

① 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい。 ② 何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。 それでもなお、良いことをしなさい。
③ 成功すれば、うその友達と本物の敵を得ることになる。それでもなお、成功しなさい。
④ 今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお良いことをしなさい。
⑤ 正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。
⑥ 最大の考え方をもった最も大きな男女は、最小の心をもった最も小さな男女によって打ち落とされるかもしれない。それでもなお、大きな考えをもちなさい。
⑦ 人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。それでもなお、弱者のために戦いなさい。
⑧ 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。それでもなお、築きあげなさい。
⑨ 人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。それでもなお、人を助けなさい。
⑩ 世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。それ でもなお、世界のために最善をつくしなさい。

 

 

 

あいてらす
代表 及川 好夫

 
バックナンバー
2019年4月 Vol.62
 
 


こちらをクリックすると及川好夫宛にメールが送信できます
 
 
Copyright 2009 (C) あいてらす All Rights Reserved.