トップバナー
   
あいてらす通信  Vol.57 2018年10月10日  

自ら機会を創り出し機会によって自らを変えよ(リクルート社訓)

 
1.はじめに  
   

 「人生は、良き出逢いと良き別れ」と言われます。昨年、今年と2年続けて、グランドホテル時代の偉大な元上司お二人を失いました。歳の順とはいえ、悲しいお別れでした。恩返しもできないままの別れはまさに痛恨の極み。せめて残された者として、仕事も私生活もスピード感を大切に、スロー&クイックを心掛け、生ある時間を大切に生きていきたいと心から思っております。

 お二人ともに、残してゆく元社員や仲間の先行きを気遣っておられた、とお聞きしました。その中には、飲食店を経営する人、同じ業界で頑張っている人、異業種で健闘している人、今もグランドホテルに残り努力している人等々がいて、皆それぞれの人生を懸命に生きています。    
「生きてさえいれば、何とかなる!」と喝破した一休禅師に学び、楽観志向・プラス発想で「機会創出、変化対応」主義(江副浩正リクルート元社長)の考え方を活かして、「走りながら考える」Rグループ新人時代の気持ちを思い出し、仕事・人生に取り組んで参ります。

 新社会人となったばかりの頃、私は西新橋のリクルート本社で
① 結論から話す ②三つにまとめる ③フィードバック 
の“三つの心構え”を、江副社長から叩き込まれました。その時に学ばせていただいた「お客様第一主義・地域密着主義・一流主義」の原点に返り、『人に喜んでいただけることが自分の喜びである』をモットーに、自己成長と自己変革に誠心誠意取り組んでいく覚悟です。

 おかげ様で、「あいてらす」は11月17日を以て起業・独立“10周年”を迎えます。支えてくださった皆様に心より御礼申し上げます。事業の進展と新規事業の着手にあたって、契約社員を2名→3名に増員します。又、平成31年初めより始める新ビジネスでは、私の後見人の方に多大なご協力をいただいて、新しい会社を立ち上げさせて戴く予定です。
この10周年に合わせて、「あいてらす」新規会員(法人・個人)を募集いたします。追って、皆様には要項をご案内申し上げる予定です。その折には何卒よろしくお願いいたします。

 さて、盛岡グランドホテルや岩手「縁(つながり)」のリクルートグループ(安比レック、安比総合開発、盛岡出版デザインセンター、リクルート盛岡営業所)で現在も働いていらっしゃる方々、卒業生の方々、先輩、同僚、後輩、更には東京でリクルートに戻られた人、その後独立し起業した人、全く新しい職場でがんばっている人等々多くの仲間が次々と活躍の場を拡げています。そこで、故人になられたお二人のお気持ちも踏まえつつ、何人かの仲間と協力して『岩手地区Rグループ社会人学校』の仲間が“集う場”を創りたい、と考えております。   
最近の私は、フェイスブック等SNSを活用して、東京や関西在住の元リクルートやリクルートコスモス出身の多くの仲間と新しい関係を結び、お付き合いをさせていただいております。これからも、積極果敢な同志の個性を尊重して、「進んで灯りを燈しましょう(笑)」精神で緩やかにつながっていきたいと思います。冒頭のリクルート社訓に立ち返り、“今でしょ”言葉の元祖・林修先生に倣って、「即行動、即反省、即変化」を実践していきます。   

 一か月前にフェイスブックで知り合った「つながり屋」本家(?)の村田和士さん(ムラタ㈱社長)とそのバックにいる強力な軍団(月曜会:平野喜直会長)にご協力をいただいて、新しい分野の開拓と「人と人、人と企業、人とモノ」の組み合わせ(combination)を活かして、伝統文化保存の支援と日本独自の他国にない社会と文化の保全に尽力したい、と現在検討中です。エレクトロニクスが叫ばれて久しいIT時代だからこそ、“AI”ではなく“人間中心主義”で個人の潜在能力開発と組織の活性化に少しでもお役に立てるよう努力してまいります。
又、経営者の責務として、『社会貢献、地域還元、三方良し』の三つの理想の実現に「チャレンジ」し、「チェンジ」を恐れず、「コンビネーション」による好転・変革を促します。そして “個人の成長と組織の発展”に寄与できるよう「三つのC」推進と、田清グループで学んだ「人に喜ばれてこそ会社は発展する」という理念実現に全力投球していきたいと思っております。

 
   
2. 今月、気になった言葉  

 

 

   「生命の基本」
生きているのだ (自覚)
生かされているんだネ (感謝)
生かしてあげよう (報恩・ お返し)

 
後藤晴隆様(前 田清グループ「清次郎」顧問/絵手紙教室主宰/千葉県我孫子市)の色紙より
 
   
3.今月の学び  
   
 

 定期的に、家族(妻と長女の三人)で昼食&アフター珈琲を愉しむことが現在の私の喜びです。 先日、お世話になっている「清次郎イオン南店」に入店し、受付の女性に案内されて席に着いた際、嬉しい出来事がありました。
妻が車椅子を使用しているため、どうしても出掛けられる場所が限定されるのですが、イオン南店の「清次郎」さんには、車イス専用テーブルがあり、スムーズに着席できました。生ものが苦手な妻でも食べられるワカメの揚げ物、特製ネギトロ巻き、納豆巻き、茶わん蒸し等を供していただき、いつもながら大満足の食卓でした。その際、長女が傍で献身的に妻を見守ってくれる姿を目にしたことは、私にとってこの上ない喜びでした。
いつも明るく何事にもめげない妻には“娘”の存在があつたことを知り、心から感謝しています。親として落第だった私にも温かく関わってくれる三人の子どもたち、彼らを立派に育ててくれた妻には只々感謝 ‼ 不肖の父・夫ですが、共に交流できる喜びに生きがいを感じております。

 

 

 
 

あいてらす
代表 及川 好夫

 
バックナンバー
2018年9月 Vol.56
 
 


こちらをクリックすると及川好夫宛にメールが送信できます
 
 
Copyright 2009 (C) あいてらす All Rights Reserved.