トップバナー
     
 
あいてらす通信  Vol.21 2011年3月17日
「努力」は足し算。「協力」はかけ算。 
                (東海林 佳奈さん・中学生)

1.はじめに

 東日本大震災(マグニチュード9.0)は発生から6日目(3/16現在),警察庁のまとめで①死亡 4,377人、行方不明は 13,400人超 ②避難生活 8県、2,400か所、43万人 ③マグニチュード5以上の余震が240回を超えた、とNHKラジオ深夜便(3/17)で聞きました。地震や津波による死亡、行方不明が1万人を超えたのは1923年(大正12年)の関東大震災以来。16年前(1995.1.17)の阪神淡路大震災はマグニチュード7.3 死者・行方不明合計6,437人ですから今回の災害の大きさが分かります。   
深夜便のニュースよると国土交通省の調査団の話として「女川港では、波が15mを超えていた。1平方m当り、50tの力で津波の圧力が家屋を壊し、押し流した。これは4tトラックが50kmのスピードで家屋に衝突したと同じ圧力です。」本当に怖ろしい。"自然の力"にただ呆然自失。

食糧・衣類・医薬品・燃料などの救援物資が、すみずみに行き渡らない

トイレの確保が深刻な問題~プールの水が底をつき、流す水がなくなっている

世界中の人々が応援している~「ファイト、わたしの好きな日本!」(byインド人)

 「いま、自分にできることをしよう!」という"日本復興運動"をみんなで『努力し、協力し』やっていきましょう。岩手県盛岡市のわたしは3日間の停電とガソリンがなくて車が動かない不便があるだけでわたしのふる里・釜石や沿岸部の宮古、陸前高田、大船渡は報道されるニュースで、実態を知るたびに心が痛み、悲しくなります。同じく被害の大きい宮城や福島などの方々の想像を絶する苦しみや不安を考えたら、健康で、生きている私たちは悲しんでいるよりも即、「行動を起こす」ことが最優先だと思います。

「節約・節電・節ガソリン!」・「義援金を送り、支援しよう!」

「買いだめをせず、最低、必要な量だけ買い、使うようにしよう!」 

 わたしの大学時代の仲間、浅野良一君(兵庫教育大学大学院教授)からうれしく有り難いメールが届きました。「及川くん、大丈夫ですか。わたしにできることがあれば、言ってください。」と。独特の明るい大阪弁のイントネーションが聞こえてくるような心地良さに感謝です。浅野君はわたしが長いスランプに悩んでいた時、「左遷の哲学」(伊藤肇著)という本を贈ってくれた心友 です。以来座右の書として苦しい時にページを開きいつも『愛情と希望と勇気』を浅野君から頂いているんです(笑)。距離も時間も離れていても青春時代の友は"希望という絆"で繋がっていることがうれしいです。ありがとう!!

2.健康についての学び

 日本透析医会の山川常務理事の話で、「透析患者さんは、このままでは命に係わってしまう。自治体の枠を越えて受け入れ可能な医療機関や地域への移動が必要だ。」と。全国25の道府県で7,000人以上の患者さんが移動して透析を受けています。みんなが苦しいけれど助け合って「人命第一」が実践されていることに、私たちも学ぶ必要があると思います。                 (NHK深夜便・3/17)

「それは、おそらく腎不全の患者さんの苦しみを見たことがあるからに違いない。そこでは患者さんの一日の水分摂取量はコップ一杯に限られていた。腎臓の機能が低下しているために小水がでない。少しでも水分をとりすぎるとたちまち顔や手足がむくんでしまう。コップに一杯余分に飲むことが腎臓の機能低下を招き、昏睡から死につながらないとはいえない。その人たちの関心事は、今日は一日、どれくらいの小水がでたか、何cc多い、少いといって一喜一憂する。」                            (作家・渡辺淳一氏)


3.言葉からの学び

 健康のバロメーター~世界保健機構の発表による

    一、毎日きまって便通がある(快通)

    二、何を食べてもうまい(快食)。

    三、よく眠れる(快眠)。

    四、風邪ぎみでない。

    五、すぐ疲れない。

    六、体重が変わらない。

    七、毎日が楽しく、明るい。

 この中でも、特に"快通・快食・快眠"は健康の三大要素といわれるが、何よりも大事なのは"快通"である。「快通」がなければ、「快食」も「快眠」もあり得ない。

 中国の古い医学書にも「二(に)宿(しゅく)を去るべし」とある。"二宿"とは"宿慝(しゅくとく)"と"宿便(しゅくべん)"のことで、人間がこの「二宿」で死ぬということはいかなる医師といえども異論がない。

  "宿慝"とは「かくされた罪過の塊」のことである。『病は気から』というように精神状態が、悪いと健康を害するのである。                      (『左遷の哲学』伊藤肇著より)

バックナンバー
2011年 1月 Vol.20
 
 
こちらをクリックすると及川好夫宛にメールが送信できます
 
 
Copyright 2009 (C) あいてらす All Rights Reserved.