トップバナー
     
 
あいてらす通信  Vol.20 2011年3月7日
『百術は一誠にしかず』 
              (柴田義春・第一商事㈱社長)

1.はじめに

 岩手経済研究(2011.2月号)「経営サロン」の中で、尊敬する柴田義春社長様が一文を寄せていらっしゃいます。柴田様はわたしの元職・盛岡グランドホテル友の会の会長さんとして、400を超える取引業者様をまとめて下さり、誠実で温厚なお人柄、公正かつ品格ある会長でございました。

 柴田社長様は本年50周年を迎える大手企業の経営者で、岩手のビルメンテナンス業の雄です。社訓は二つ。一、『自分の仕事には常に誇りと責任と研究心を持つ』。もう一つが、『七転び八起き』。前掲紙で、「企業は、社会がその企業を必要としている間は存続出来るものだと思いますが創業50周年の今年は、唯50年が経過したことを祝うのではなく、私たちの仕事が社会にとって必要な、重要な仕事である、と再認識してこれからのさらなる50年を目指して歩み始めようと考えております。」と。単なる"アニバーサリー50"にせず、新たな50年へのスタートの年にしたい、と力強い決意を感じる文章です。タイトル「百術は一誠に如かず」からは柴田社長様の"人間力の大きさ"が伝わってまいります。

 巻頭言は岩手銀行の高橋真裕頭取様が『商売の原点』と題し「お客様との距離が遠くなっている」との若手行員の"声"を大きな忘れ物を思い起こさせてくれる警鐘と注視しています。

 『もっとも大きな要因はお客様との接点、つまり「会う」ことが減少している点にあると見ている。・・・いまではほとんど行われなくなっている集金業務は、かつて多くの若手行員が担当していた。毎日毎日お客様を回って日掛けの集金などを行いその中でお取引先との関係を深め、人情の機微にも触れ、同時に商売における基礎的な素養を身につけていった。』と、最も大事なお客様から学ぶ機会とそこから育まれるお客様との信頼関係を重要視されています。

 結びに、『10年の計をたて、そこから出航するにあたり、じっくりと「会う」ことを重ね、信頼関係というマストを再構築する、中長期的な視点での取り組みをもう一度、本気で考える一年としたい』と、「"会う"ことを実践することが商売の原点である」と、頭取が宣誓する迫力に大賛成です。

2.健康についての学び

 私の糖尿病診断の数値:ヘモグロビンA1cが8.7(H22.12.14)➙7.2(H23.3.2)に下がりました(笑)。ちなみに、LDL-コレステロール(悪玉)も、144➙65に見事に下降➘しました(笑)。

 この成果は、わたしの師匠:長山吉(よし)志(ゆき)様(盛岡市民生児童委員:西松園)のおかげです。本当にありがとうございます!長山吉志先生には、個人的"男の料理教室"で「八宝菜」の作り方を手取り足取り、 実践的に教えていただきました。「五目かた焼きそば」・「五目中華飯」・「八宝菜」と、一度に仕込んで、何度も、美味しい!・旨い!食べ方を学ばせて戴きました。「さんま焼き」と「さんまのつみれ汁」は絶品です。その味は、もう最高なのでございます(笑)。

 長山吉志様は、以前にテレビで料理番組に出演されたり、料理の本を出版されたりと自己流ながらも"長山流哲学"を確固としてお持ちになり、同じ松園町内会であり、現役時代には釜石市の金融機関の役員だった"ご縁"もあったりと不思議なくらいに繋がっていて、後からビックリのもう離れられない!関係(笑)なのです。                                        長山様は吉田洋治先生(岩手県議会議員)のお仲間で、わたしは"笑顔の天才"と呼ばせていただいております。昨年秋、原田範夫先生・洋子ご夫妻(はらた脳神経外科・ニュー鶯山荘)様の会で知り合いました。洋治先生とのツーショット写真を撮ろうと"あいてらす"素人カメラマンに変身したわたしの写真が、「笑顔コンテスト」に応募したら優勝してしまう位の作品(!?)でした(笑)。本物の笑顔が滲み出ていて、こちらの心が"あったか・ほのぼの"としてまいります。          

3.言葉からの学び

   『 夢実現マップ 』 memo

①人間の能力に差はない。『イメージ力』に差があるだけだ!

② 人生に偉大な法則がある。
 それはあなたの人生はあなたの思い描いた
 通りになるという法則である。(マーフィー)

③ イマジネーションは知識よりも重要だ!(アインシュタイン)

④ 「幸せ」を手に入れるのではなく
  「幸せに感じることのできる心」を手に入れるのである。

⑤ 目標を設定する本当の目的は、それを追い求めるうちに
 あなたを人間として大きくつくり上げていくことなのです。

⑥ 「夢に向かって努力しているプロセス」にこそ、本当の幸せがある。

⑦ 栞「その人の心の通りに境遇の方が変る」
  栞15条『自信はモーターの馬力である。仕事の推進力である。
  形ではまだ出来ていないが心ではもう出来ているのである』

⑧目標を紙に書くことも大事だけれども 「口と目と紙」の三つで表現する!
     又川 俊三様(クラフトグループ会長)

バックナンバー
2011年 1月 Vol.19
 
 
こちらをクリックすると及川好夫宛にメールが送信できます
 
 
Copyright 2009 (C) あいてらす All Rights Reserved.